マニフェスト・委託契約書

産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは

 
産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは、廃棄物の処理が適正に実施されたかどうか確認するために作成する書類です。排出事業者には、マニフェストを作成して「委託した産業廃棄物が適正に処理されたか否か」を確認する義務が課せられています。 排出事業者の交付するマニフェストには、誰がどのような産業廃棄物をどのように取り扱うかということが記載されています。処理業者は、このマニフェストに対して委託された業務を何時完了したかという情報を記載して返送することになっています。マニフェストの様式は、廃棄物処理法施行規則第8条にて定められています。
 
 
※電子マニフェストにも対応しています。

e-reverse JWNET

委託契約とは

 
産業廃棄物処理業者に処理を委託する際には、委託する産業廃棄物に関する情報、処理の内容とそれぞれ(排出事業者と処理業者)の役割と責任を明確にするため、書面により契約書を作成して委託契約を締結することが定められています。産業廃棄物の処理を委託する際には、委託する回数、産業廃棄物の量に関わらず、必ず委託契約書を作成しなければなりません。

 
委託契約書ダウンロード
(PDF)